Takayuki Ikura

極上薬膳スープ 倖碗・シェフ

飯倉崇行さんは赤羽にある有名店雷電のメインシェフ。シェフ歴は30年以上!さまざまな経験をもつ飯倉崇行さんに「薬膳スープに関するお話」を聞いてみました。

馴染みのない食材や香りを家庭でも感じられる料理を目指して。

飯倉崇行現場で調理経験を30年以上積み、腕を磨いてきました。沙姜や准山など馴染みのない食材や香りを家庭でも感じられる料理を目指しています。

それぞれのお好みの食べ方で楽しんでください!

飯倉崇行薬膳スープは目にも躰にも美味しい。麻辣スープは辛い物好きな人に食べてもらいたい。タイの乾燥唐辛子で激辛も可能です。それぞれのお好みの食べ方で楽しんでください。

飯倉 崇行さんプロフィール

1974年生まれ、埼玉県育ち。20歳で東京調理師専門学校卒業し、ホテルパシフィック東京入社。ホテル内の楼蘭と銀座楼蘭で調理経験を積む。ホテルの閉館に伴い退社し、コカレストランに入社。マンゴツリーカフェの色々な店舗で鍋場を担当。現在は赤羽にある有名店雷電のメインシェフ。

Orderシェフの料理はこちらから注文いただけます

Our cook

心も身体も活きる料理を通してお客様を笑顔する、デリステーションのシェフを紹介します。